産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー

産前産後ケア推進協会とは?

ページトップへ

産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざして。

家族や社会のつながりが希薄化する中で、お母さんが安心して子を産み、育てることのできる社会のしくみや環境を実現するための各種情報提供、支援、調査研究などを行っています。

NEWS & トピック

ページトップへ

2018.8
 「産後ケア「実施」自治体の26% うつ、虐待予防…母親支援進まず」という記事で、代表理事の市川の「広域的体制が有効」といったコメントが掲載されました。

 同紙面では、山梨県の健康科学大学産前産後ケアセンターの取材記事も掲載され、「専門家助言、新米ママ自信」というタイトル通り、助産師の産後ケアによってママたちが笑顔を取り戻している様子が紹介されています。
 現在までに、佐賀新聞、埼玉新聞、上毛新聞、福井新聞、茨城新聞、北日本新聞、四国新聞、大分合同新聞、長崎新聞、東奥日報、南日本新聞、熊本日日新聞、河北新報、信濃毎日新聞、高知新聞、徳島新聞、山口新聞、京都新聞、福島民報、ジャパンタイムズの20紙で掲載され、産後ケアへの関心の高さがうかがえます。

2018.6.9
 朝日新聞の取材を受け、新聞に記事が掲載されました。

「記者が聞く 父親の心得(上) 産前産後 思い共有し同志に」

2018.6.28
 ネットで記事が配信されました。

「産後の父親」が、今すべき仕事「とにかく早く帰ってきて」 母親を苦しめる「孤育て」SOS出せる状況を

2018.3.22

「ベビーカレンダー」様のニュースサイトに、本会で実施している千葉県浦安市の「日帰り型産後ケア事業」についての記事が掲載されました。

本事業について、担当助産師が取材を受けた内容と、動画も配信されています。ぜひご覧ください

https://baby-calendar.jp/smilenews/detail/6634
さらに、ベビーカレンダー様の発行する「産婦人科ニュース4月号」(ベビーカレンダー様がお取り引き産院様向けに発行している月刊ニュース)にも同事業内容が掲載されました。

本会がスペシャルサポーターをつとめる「3・3産後サポートプロジェクト」で、「赤ちゃんにやさしい家族5カ条」「赤ちゃんにやさしい企業5カ条」を作成しました。この5カ条を広げ、産後のママのサポートが家族、企業で充実するよう、本会もさらに活動していきます。
「ママと赤ちゃんの笑顔を増やしたい!産後のしっかりケアを推進」
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=7304&n_cid=DUALML01
「『一番孤独でしんどい』産後を3週間→3カ月に延長しよう。ママと赤ちゃんのために本当に必要なサポートとは」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/06/3-3-sango1_n_8488256.html?utm_hp_ref=jap
・「赤ちゃんの部屋」に紹介されました
「3・3産後プロジェクト始動」

産前産後ケア研究会開催のおしらせ

ページトップへ

これまで会員対象にて開催してまいりました「産後ケア研究会」、みなさまからのご要望に応え、非会員の方にもご参加いただける形となりました。

これまで「食」をテーマに1年間研究会を開催してきました。毎回旬の食材を使い、産後のための美味しく役立つレシピ!テーマに沿った内容で食の知識を増やしましょう。ぜひご参加ください。

「産前・産後に役立つマタニティ薬膳!」 〜産前産後ケアにおける「食」の役割〜
10月13日(日) 第13回 『母乳』の薬膳!!母乳トラブルから回避する方法とは!  
(妊娠中や授乳期の薬を飲みにくいママのためにオススメ食養生!)

 

会員登録について

個人会員・団体会員・賛助会員を募集しています。登録はコチラ

個人情報の取り扱いについて

プライバシーポリシーについてはコチラ

メルマガ登録 〜お母さん&お母さんになる方へ

産前・産後ケアに関する情報を無料でご提供しています。登録はコチラ

認証事業

当協会のガイドラインに基づき、施設やプログラム、サービス等を認証しています。

会員ページ

過去の研修会やセミナー、フォーラム等の有料資料が自由に閲覧できます。

お知らせ

ページトップへ

Loading...

LOGIN
会員登録
浦安市日帰り型産後ケア
東京都児童虐待防止バナー
3・3産後サポートプロジェクト始動
メルマガ登録はコチラ
赤ちゃんの部屋
プライバシーポリシー