産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー

はなさんばからの月手紙 ≪6月13日 満月号≫

ページトップへ

はなさんばからの月手紙 ≪6月13日 満月号≫
〜産後の養生のことG〜

 

水のつき
皆様、瑞々しくおすごしでしょうか?
梅雨はじめじめ、不快指数も上がりがちですが、、、
蛍にあじさい、花菖蒲。雨にぬれた深い緑に、梅の香り。
この季節にしか味わえないことをぜひ楽しみましょう?

 

さて前回は、周りの人々へ
産後の母に、気を使わせないように気を使おう!というお話をさせていただきました。
そこで今回は、一番近くの周りの人である「夫」との産後のことについてお話したいと思います。

 

みなさんは、「産後クライシス」という言葉をご存知ですか?
出産を機に夫婦仲が悪化する現象を指す表現で、
従来もっぱら母親側の問題として捉えられてきた「育児ノイローゼ」や「産後ブルー」などを、
夫婦の関係性や、社会背景の中で捉え直す言葉として、NHKの朝の番組で提唱され反響を呼んだ言葉です。

私たちは日常会話の中で、恋愛や結婚、妊娠や出産については、相手への条件(笑)や、
自分のニーズなどよく話題にします。
しかし、出産後については、せいぜい赤ちゃんがどうだこうだという話くらいで、
夫婦の関係について話をしてこなかったように感じます。

 

今までの手紙でお伝えしたように、出産は女性にとって人生最大の危機といわれるくらいの状態です。
身体的、精神的、社会的危機が同時訪れ、女性自身も想像できないほど
以前とは違う状態に追い込まれる可能性があります。
そのような、普段とは違う状態だからこそ、些細な事が大きな問題に発展したりします。

 

次のお手紙からは、産後クライシスを回避するために
夫ができること、妻ができることについてお話していきたいと思います。
キーワードは、「きづかない男」と「根に持つ女」です。
お楽しみに^ー^

 

〜〜〜〜≪お知らせ≫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

■女性の健康の包括的支援に関する法案が今国会に提出されました。

産前産後ケア推進協会も「産前産後ケア」についてプレゼンを行い、その内容が盛り込まれた、
自由民主党「女性の健康の包括的支援に関するプロジェクトチーム」(座長 参議院 高階恵美子議員)。
これを受け、女性の健康の包括的支援に関する法案が今国会に提出されました。
ぜひ、皆さんも目を通していただくとともに、周りのかたにもお知らせいただき、
女性の健康を守るための法案成立へ、関心を示してくださいね。
https://www.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/146_1.pdf

 

■セミナー「さあ、産前産後ケアを始めよう!@大阪」開催決定!

3月1日に東京で開催した「さあ、産前産後ケアを始めよう!」が、大変好評だったことを受け、
9月7日に大阪でも、リニューアルして開催することが決まりました。
詳細が決まりましたら、ホームページ、メルマガ等でお知らせしていきます。
関西方面の皆様、ぜひ、日程確保しておいてくださいね。
なお、このセミナーは、独立行政法人福祉医療機構の助成金を申請中です。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
   お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
    産前産後ケア推進協会事務局 e-mail:info@a-apcp.org

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一般社団法人産前産後ケア推進協会 
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-34赤坂リキマンション37号
www.a-apcp.org
e-mail:info@a-apcp.org

はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー