産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー

はなさんばからの月手紙 ≪7月12日 満月号≫

ページトップへ

はなさんばからの月手紙 ≪7月12日 満月号≫
〜産後の養生のことI〜

 

大型の台風が日本各地に様々な被害をもたらしていますが、みなさまの地域は大丈夫でしょうか。
今日は、満月。大きな潮が被害をもたらさない事を祈るばかりです。

前回は、妻である母親自身ができる事についてお話ししました。
今回は、夫の立場からできることについてお話したいと思います。

 

@ 言葉の使い方を意識してみましょう
前回は、「言葉にして伝える」大切さをお話しました。
しかし、その言葉も使い方によっては逆効果になる事があります。

例えば、赤ちゃんが水をこぼしたとします。
すると夫が「手伝おうか」といいました。
みなさんのお家では、普通の会話でしょうか?
この会話、産後にはNGとなることが多いそうです。

どこが悪いのでしょうか?

「手伝おうか」とは、当事者意識のなさ満開ワードで、妻をがっくりさせる言葉だそうです。
言葉って難しいですね。

では、どのように伝えれば良いのでしょう?

理想的な言葉は「〜やっておくね」といった主体性のある言葉だそうです。
そのレベルに達していないという方は、まずは「〜てどうやればいいの?」から始めてみませんか。

 

A 育休をとってみよう
取れるものなら、取りたい。と、おっしゃる方も多いと思います。
何も1年間育児休暇をと、いいたいのではありません。まずは、1週間の有休消化から如何でしょうか。

1週間。いつもは妻が担っている家事の大変さを経験し、感謝の気持ちを思い出すもよし。
育児技術の習得に費やし、名実ともに「イクメン」を目指すもよし。
長期の休業では家計を直撃することもあります。ですから、出来る範囲で、夫婦で話し合い決められては如何でしょうか。
最初の子どもなら、退院後。
2番目以降なら妻が入院してから(上の子の面倒を見るため)がベストです。

 

B 家事、育児よりも大切なもの
産後クライシスを回避するために、もっとも効き目があるのは「ねぎらいの気持ち」だそうです。

子育てに追われる中、仕事中の夫からのメールに「育児お疲れさま」と書いてあっただけで気持ちが楽になったと、妻はいいます。
何だ!簡単だ。と、思ったあなたは要注意です。
本当に家事や育児のしんどさを理解していないと、心からの言葉は出てきません。
そして、うわべだけの言葉は妻の怒りをかうだけです。

 


如何でしょうか?
前回同様、できれば苦労しない!という事もあるかとは思います。
しかし、夫婦にとって産後は、クライシスであると同時に絆を深めるチャンスでもあるのですね。
どうぞ、クライシスではなく、ハネムーンとなりますように^^

次回は、産前産後のあつい夏の、のりきり方などお話したいと思います。
さあ、短い夏に備え、日々を健やかに穏やかに過ごしましょう。


〜〜〜〜≪お知らせ≫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■セミナー「さあ、産前産後ケアを始めよう!@関西」開催決定!

3月1日に東京で開催した「さあ、産前産後ケアを始めよう!」が、大変好評だったことを受け、
大阪でもリニューアルして開催することが決まりました。
日時:9月7日(日)10:00〜16:00
会場:アメジスト大衛株式会社 5階研修室 〒534-0021大阪市都島区都島本通2-2-16
定員:40名
※プログラムは近日中にホームページに掲載します。


■ワークショップのお知らせ

産前産後ケア推進協会では、2014年8月より会員のみなさまを対象に、
少人数で行うグループワーク形式の研究会を月1回程度開催していきます。
第1回のテーマは「食から考える、母親の自立」〜産後ケアにおける「食」の役割〜です。
日時:8月30日(土)10:00〜14:00頃
会場:一般社団法人産前産後ケア推進協会事務局 キッチン会議室
    東京都港区赤坂7-5-34赤坂リキマンション37(藤崎事務所内)
定員:6名(会員のみ)
※詳細は近日中にホームページに掲載します。

皆さまのご参加をお待ちしております。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
   お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
    産前産後ケア推進協会事務局 e-mail:info@a-apcp.org


はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー