産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー

はなさんばからの月手紙 ≪8月11日 満月号≫

ページトップへ

はなさんばからの月手紙 ≪8月11日 満月号≫ 
〜赤ちゃんとの生活@〜


前回、夏の始まりのお便りをさしあげたばかりですが、
立秋を過ぎ、吹く風に秋を感じたい今日この頃ですが・・・
風はかぜでも、大きな風が日本列島吹き荒れていますが、
皆様の地域は大丈夫でしょうか。

さて、今回から、赤ちゃんの泣き行動を理解するための新しい考え方について
お話したいと思います。

 

みなさんは、
「PURPLE(パープル)クライング」という言葉お聞きしたことがあるでしょうか?
パープルクライングとは、親を悩ませる乳児の泣き行動の頭文字を言います。
その具体的な内容は、次の様なことです。

 

PEAKOFCRYING (ピークがある)
  一般的に、生後2週間くらいから週を追って泣くようになり、2ヶ月目がピーク。
3〜5ヶ月目に和らいでいきます。

 

UNEXPECTED (予測できない)
  泣いては止み、止んでは泣き出す。
どうしてなのか、理由が分からないことが多いです。

 

RESISTSSOOTHING (なだめられない)
  何をしても、泣き止まない時もある。

 

PEIN-LIKEFACE (痛そうな表情)
  たとえ痛くなくても、痛そうに泣いたりする。

 

LONGLASTING (長く続く)
  1日5時間以上、泣くことがある。

 

EVENING (夕方)
  午後から夕方にかけてよく泣く。

 

如何でしょうか?
「うちの子は、他の子よりも泣く」と思っていませんか?
でも、覚えておいてください。
赤ちゃんは泣くのが仕事といわれるくらい、本当に泣く時期があるのです。
お母さんや周りの人が悪いわけではありません。勿論、赤ちゃんが悪いわけでも。

イライラしてしまうこともあるでしょうが、
安心してください、パープルクライングには必ず終わりがきます。

では、次回からこのパープルクライングにどのように対処していけば良いか、
お話していきたいと思います。

 

〜〜〜〜≪お知らせ≫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■セミナー「さあ、産前産後ケアを始めよう!@関西」開催決定!

3月1日に東京で開催した「さあ、産前産後ケアを始めよう!」が、大変好評だったことを受け、
大阪でもリニューアルして開催することが決まりました。
日時:9月7日(日)10:00〜16:00
会場:アメジスト大衛株式会社 5階研修室 〒534-0021大阪市都島区都島本通2-2-16
定員:40名
http://www.a-apcp.org/schedule.html#140907seminor

 

■ワークショップのお知らせ

産前産後ケア推進協会では、2014年8月より会員のみなさまを対象に、
少人数で行うグループワーク形式の研究会を月1回程度開催していきます。
第1回のテーマは「食から考える、母親の自立」〜産後ケアにおける「食」の役割〜です。
日時:8月30日(土)10:00〜14:00頃
会場:一般社団法人産前産後ケア推進協会事務局 キッチン会議室
    東京都港区赤坂7-5-34赤坂リキマンション37(藤崎事務所内)
定員:6名(会員のみ)
http://www.a-apcp.org/schedule.html#140830kenkyu

 

皆さまのご参加をお待ちしております♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
   お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
    産前産後ケア推進協会事務局 e-mail:info@a-apcp.org

はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー