産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー
産前産後ケア推進協会(APCP)メールマガジン 第30号

はなさんばからの月手紙 ≪3月 6日 満月号≫
〜サンタの国から、日本の母子保健への贈り物 5 〜

今日は、72節気の啓蟄啓戸(すごもりむしとをひらく)。
冬ごもりの虫が出てくる日といわれています。関東地方はお天気も良く、虫さんもウキウキしながら、新しき春に逢いにきてくれたのではないでしょうか。

さて、前回は「切れ目ない支援」に触れ、
「自分たちの地域に本当に必要な、切れ目ない支援を、本気で考えて行きましょう」と、
皆さんに投げかけてみました。
如何でしたか、その気になってきましたか?
では、一体何から始めればいいのかと、疑問が湧いてくると思います。

まず大切な事は、「目的を明確にする」ということから始まるのではないでしょうか。
皆で、頭を突き合わせ、自分たちはどんな地域にしたいのか、大切にして行きたい事はどんなことか、真剣に本気でしっかり話合う事が必要です。
そこで、自分たちのビジョンを共有することが大切です。

そして、自分たちの「現状」を客観的に見つめてみましょう。
地域の人口や、年齢構成。産業構成、地域の子育てに関するリソース(ハード面・ソフト面)。様々な情報を集め、目標を設定していきます。

目標を設定したら、情報を集めましょう。
たとえば、先駆的に活動を行っている所はないか(国内外問わず)。
違う業界で、使えるようなシステムはないか。様々な分野にアンテナをたてましょう。

さあ、準備は出来ましたか。あとは、実行に移すのみです。
ということで、次回は、先駆的な活動をしている地域をご紹介したいと思います。
日本の母子保健にも、新しい沢山の春が訪れています。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
産前産後ケア推進協会事務局 e-mail:info@a-apcp.org

はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー