産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー
産前産後ケア推進協会(APCP)メールマガジン 第34号

はなさんばからの月手紙 ≪ 5月 4日 満月号≫

薫風香り、目に若葉まぶしき季節。
ゴールデンウイークも後半戦。
関東は、お天気に恵まれ行楽日和。楽しき思いで沢山創られていることでしょう。
皆様の地域ではいかがですか。

前回、大変さや困難さを、支えあっていくコミュニティ。旧来の地縁血縁に変わる新たな「縁」を、どうやって結んでいきましょうかと、皆様に投げかけてみました。

「子どもの日」を明日にひかえ、
私の方からも一つ、楽しいプロジェクトを紹介したいと思います。

その名も「赤ちゃん先生プロジェクト」〜育児と社会の接点をつくる取組〜
このプロジェクトは3つのプログラムからなります。

一つめは、小中学生向け。学校に出向き、赤ちゃんに触れてもらうというのが目的です。
二つめは、大学生向け。ベビーカーに乗せたり、抱っこしたり身体で育児を理解する。また、母親たちと交流しキャリアと子育ての両立などを聞き、自分の将来を考える。
三つめは、高齢者の施設訪問。赤ちゃんに触れ高齢者は心身が活性化され、母親は人生の先輩からアドバイスを受けたり、世代間の交流がなされる。というものです。

このプロジェクトの考え方の原点は、育児中のお母さんに社会との接点を持ってもらい、自らの社会的価値を感じてもらうことにあるそうです。
のみならず、コミュニティにとって赤ちゃんがどれだけ潤滑油になっていたかも感じられる、素敵な取組だと思います。

少し前までは、地縁血縁のコミュニティの中で、自然に行われていたことですが、
都市化・核家族化の中で失われたつながりを補ってくれるのではないでしょうか。

ぜひ、みなさんも「赤ちゃん先生」から積極的に学んでみましょう。
何か、ものすごく楽しくて、自由で、幸せなことを教えてもらえることでしょう。
私も、実践してみます!次回、楽しくレポートさせていただきますね。
それでは、次の新月にお会いしましょう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
産前産後ケア推進協会事務局 e-mail:info@a-apcp.org

はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー