産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー
産前産後ケア推進協会(APCP)メールマガジン 第35号

はなさんばからの月手紙 ≪ 6月 16日 満月号≫

 

梅の雨の季節。
ひと雨ごとに梅の実が色づくのを見ていると、鬱陶しさもしばし忘れますね。
みなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。
さあ、今晩も赤ちゃん先生の魅力をお伝えしていきます。
しばし、ほっこりしていただけたらと思います。

 

6 ゴーイング マイ ウェイ
  赤ちゃんは、隣でお友達が泣いていても、すやすや眠る事が出来ます。
なんと、まあおおらかなのでしょう。
耳が聞こえてないのでは、と心配されるご両親もいますが、
実はこれ!赤ちゃんの凄い能力なのです。
ブラゼルトンという博士が調査した所によると、赤ちゃんは自分に不必要な情報をシャットアウトする優れた能力があるそうです。最初は、刺激に対して反応しますが、だんだんと反応しなくなります。なぜなら、赤ちゃんは今から、ぐんぐん成長していくのに自分に必要な、たとえば睡眠を十分に取るとか、やるべき事に集中しているからです。
回りがどうであれ、ゴーイング マイ ウェイ。
それを、無意識に取捨選択出来る能力とは大変優れたものだなと感動します。

私たちは、日々無駄な?!情報に翻弄され、自分の大切な時間を消費しているのではないでしょうか。赤ちゃんの賢そうな寝顔をみていると反省しました。

 

7 無邪気な笑顔
  無邪気とは、邪気がないこと。
赤ちゃんの笑顔を見て、嫌な気持ちになる人ってそうそういませんよね。
それは、きっと赤ちゃんには邪気や先入観がないので、相手のありのままを素直に受け止めてくれるからだと思います。

笑顔って、世界共通語ですよね。
大人とか子どもとか、国籍性別その他いろんな事全部関係なく、伝わる共通言語です。
赤ちゃんの笑顔を見ていると、こちらまでつられて笑顔になります^^。
赤ちゃんは、本当に笑顔の達人だなと思います。
笑う門に訪れる「何か」も運んで来てくれますよ。


 冬は年の余、夜は日の余、雨の日は時の余。昔から、この三余は、読書に適した時間と言われています。雨に降りこめられて何も出来ない「時の余」。神様がくれた特別な時間と思い、有意義に過ごしましょうね。雨にぬれた緑のきらめきを楽しみながら、素敵な毎日が続きますように。


〜〜〜〜≪お知らせ≫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■ワークショップのお知らせ

第5回産前産後ケア研究会 開催決定!!
「食から考える、母親の自立」〜産後ケアにおける「食」の役割〜
第5回目の食材は『お茶』です。
日時:6月27日(土)10:00〜14:00頃
http://www.a-apcp.org/schedule_kenkyu.html
参加ご希望の方は、メールにて事務局へお申込みください。

ご参加お待ちしております♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
   お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
    産前産後ケア推進協会事務局 e-mail: info@a-apcp.org

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般社団法人産前産後ケア推進協会
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-34赤坂リキマンション37号
www.a-apcp.org
e-mail: info@a-apcp.org

はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー