産前産後ケア推進協会のページ

産前産後ケア推進協会は、産み育てやすい、社会のしくみや環境づくりをめざしています

当協会についてプライバシーポリシー

産前産後ケア推進協会(APCP)メールマガジン 第48号

ページトップへ

はなさんばからの月手紙 ≪3月23日 満月号≫
〜本のある子育て〜

みなさま、こんばんは。今日も奇麗な満月ですね。
桜の開花宣言がなされ、いきなり春がやってきました!
皆さん、春を迎える準備はよいですか?春はあっという間にいってしまいますよ(笑)
私たちは、日常の中に永遠を錯覚してしまいますが、巡る季節はそのはかなさを教えてくれているようですね。さて今回は、大切な時を親子で楽しめる、本のある子育てについてお話したいと思います。

皆さんには、本との思い出が、ありますか。
私の家は自営業で、母は朝から晩まで忙しく働いていました。しかし、眠る前には必ず読み聞かせをしてくれました。ジャンルは様々で、絵本の時もあれば、伝記、旅行記みたいなものもあったと記憶しています。おかげで大変本好きになりました。
本の素晴らしいところは「待っていてくれる」ということだと思います。
子どもの頃大好きだった本を、大人になって読み返すとまた違った側面が見えたり、あの時とは違う感情が湧いてきたりします。同じ本でも、自分の経験や成長で違った意味合いを持ってきます。本はそういう意味で、私たちの成長を待っていてくれるのだなと思います。
小さいころのワクワクした思いでだけでなく、これからを生きていく糧を与えてくれときもあります。
どうぞ、お子さんに未来への贈り物をしてあげてください。
あなたも懐かしい本や、新しい本に触れながら、宝探しをしてみてくださいね。

そして、もう一つ。本の素敵な楽しみ方「読み聞かせ」を、ぜひ行ってみてください。
読み聞かせの素晴らしいところは、思い出を共有出来ることだと思います。
子どもは成長すると、自分で本を読むようになります。子どもが子どもでいれる時間は案外短く、読み聞かせをしてあげられる時間は、限られています。
二度と戻れない、ともに過ごせる時間を大切にしていきませんか。

「モノより思いで」とは某自動車のCMですが、人は自分のために時間をかけてくれた人や、思い出は忘れないものです。私も母にとても感謝しています。
どうぞ皆さまも、二度と戻らない時を、ともに楽しむ喜びを味わってくださいね。

春は出会いと別れの季節。
ともに過ごした「時」に感謝しながら、その切なさも未来へのワクワクに変えていきましょう。
朧月夜の下、贅沢な時をお過ごしくださいね。
それでは、また次の満月にお逢いしましょう。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆ メールマガジンの配信先変更・配信停止は、
   お手数ですが事務局までメールにてご連絡ください。
    産前産後ケア推進協会事務局 e-mail: info@a-apcp.org

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一般社団法人産前産後ケア推進協会
〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-34赤坂リキマンション37号
www.a-apcp.org
e-mail: info@a-apcp.org

メルマガ登録

ページトップへ
はなさんば

当協会では、産後ケアに関する情報や、身近な時節のお便りを

当協会理事であり、現役助産師でもある「はなさんば」が、メールマガジンにして配信しております。

配信をご希望の方は下記フォームにメールアドレスをご入力の上、『参加』ボタンを押して下さい。

※メールマガジンの配信を中止される方はメールアドレスをご入力の上『退会』ボタンを押して下さい。

メルマガ登録 : メールアドレス
過去のメルマガはこちらから〜新月・満月の大潮(お産が多いといわれています)にこだわって配信中!〜
プライバシーポリシー